福岡県柳川市|整形外科|スポーツ整形外科|リハビリテーション|骨粗鬆症|通所リハビリ|デイケア|物理療法|骨折超音波|五十肩|けが|ムチウチ|交通事故

ひざ痛

膝関節の関節軟骨がすり減ったり骨の変形が生じたりする疾患です。
加齢に伴うものと、膝関節周囲の骨折後などで発症するもの(外傷性)があります。
中年以降の女性や肥満の方に多く、加齢とともに頻度は高くなります。
病状初期には歩行のはじめに痛みを自覚し、長時間や長距離の歩行、立ち仕事の後などに痛みがより増強し、歩行障害となって徐々に日常生活が制限されます。
膝の裏(膝窩部)の痛みが関節後方の関節包や膝周囲筋肉の拘縮により発生します。
関節内の炎症が発生すると関節水腫(水が貯まる)が起こることもあります。

膝に体重がかかる時や膝の曲げ伸ばしをした時に痛みが見られ、膝関節の動作時に「違和感がある」、「ひっかかり感がある」、「一定以上に曲げ伸ばしができない」といった可動域(動く範囲)の制限、可動域の減少が見られるのが特徴です。
あぐらの姿勢や和式トイレの時の姿勢など膝関節を十分に曲げると痛みが増強することもしばしば認められます。


学会等の都合により、診療医師に変更がでる場合があります。 詳しくはお問い合わせください。

休診日:日曜日・祝祭日